So-net無料ブログ作成

新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補(時事通信)

 キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は2日夕、時事通信社の単独インタビューに応じ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を移設先とする現行計画が「最善だ」と強調する一方、日本政府から新たな提案があれば「耳を傾け、一緒に検討する用意がある」と表明した。 

【関連ニュース】
普天間棚上げし、見切り発車=暗中模索の同盟深化
普天間継続使用を否定=鳩山首相
グアム移転費、42%増要求=空軍基地整備など
小沢氏、米次官補と会談=内容説明せず
岡田外相に抗議へ=沖縄与党議員

鳩山首相、「潔白」信じるのは当然=小沢氏は同志−参院代表質問(時事通信)
参院選後に中央省庁再編、首相が表明(読売新聞)
新幹線事故 切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)
保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
【人・街・声】新宿の訪問歯科医 人のつながりが蘇らせた笑顔(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。