So-net無料ブログ作成
検索選択

長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」−さいたま地裁(時事通信)

 知的障害を持つ長男=当時(42)=を絞殺したとして、殺人罪に問われた無職佐藤久仁夫(73)、妻和子(67)両被告の裁判員裁判で、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)は1日、両被告にそれぞれ懲役4年(求刑はいずれも懲役5年)の判決を言い渡した。
 判決は「知的障害や病気があることで、人間の尊厳や人生の可能性が奪われてよい道理はない」とした。
 弁護側は、被害者が更生施設から一時帰宅するたびに暴力をふるった事情を指摘し、執行猶予を求めていた。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた主婦木下テイ子さん(60)は「社会問題としてサポートしていかないといけない事件だ」と語った。 

民主可視化議連が設立総会 「司法の民主化には取り調べも含まれる」(産経新聞)
山崎前副総裁 自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演−日医(医療介護CBニュース)
新鮮さ保ったまま殺菌=リキッドガスと九大、新装置開発−野菜や果物に利用期待(時事通信)
学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。